四万十川百名花No94 ハマボウフウ

DSC_1133

海浜砂地に生え、花は羊毛に覆われたようであり、まるで造花のようです。山菜ならぬ海菜として乱獲され個体数が激減、絶滅が危ぶまれるレベルになっています。この海岸は保護区域になっており、模範的な事例と言えます。

コメントは受け付けていません。