四万十川百名花 No58 アマナ

DSC_6710 DSC_6764 DSC_6847

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本のチューリップ」と言って良いと思います。以前は学名にチューリップが用いられていました。白色に赤いストライプ模様の花で、園芸種と比べると半分くらいの大きさですが、高山植物のような気品が有ります。典型的な里山の植物ですが、開発行為によって自生地が激減しています。陽が当たらないと開花しない性質があり、その瞬間に立ち会うと大変感動します。

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。